mochikoAsTechのdig日記

当方好きなコマンドはdigです!お友達から!!よろしくお願いします!!!

テクニカルライティング本を抱えて #技術書典 16にオフライン参加してきました!

先日(2024年5月26日)、池袋サンシャインシティにて技術書典16がオフライン開催されました!会場でサークル参加したざっくりレポートです!

techbookfest.org

まずは朝5時に起床成功。

そういえば会場の場所とか、入場券の取り方とかをまとめたnoteを今回書いてなかったなーと思い出してぱぱっと書く。

そしてコンビニでおにぎりとinゼリーと飲み物を購入。あまりにもいい人すぎて私の脳内にしか存在しない非実在旦那様ではないかと定期的に疑われる夫が車で送ってくれたので、あっという間に池袋サンシャインシティに到着。

無事に会場に着いたー!

展示ホールDだー!

色々忙しくしている間に、9時半!サークル入場時間です。有能売り子さんズを見つけたので設営を託す。

サークル参加者は赤いリストバンドを渡される

有能売り子さんズは有能なのであっという間に設営完了。

机の左側が見本誌コーナー

新刊は見本誌を3冊用意しておいたけど、人の波がわっと来たりして、それでも足りなくなるときがありました。

11時の開場に合わせて設営完了のポスト!

公式の決済アプリでちょっとしたトラブルがあって、開場が5分ちょっと遅れたけど、場内はトラブル解消のアナウンスでほっこりしてた。

こちらは「ちょっとしたトラブル」を復旧させた人です。

ちなみに今回、私は「せ12」だったんですが、お隣の「せ11」は「これは経費で落ちません!~経理部の森若さん~」シリーズで知られる小説家の青木祐子さんでした……私の本棚にある本を書いた方がお隣にいらっしゃる……不思議……「203030、好きです!」とヲタクの早口でお話ししてしまった。

さらにお隣の「せ10」は「わたし、定時で帰ります。」などの労働小説(あえて「お仕事小説」ではなく「労働小説」と言いたい!)でお馴染み、小説家の朱野帰子さんでした。代表作が100万部以上売れてる作家さんと、同じく26万部以上売れてる作家さんに囲まれている謎のゾーンです。

左から青木さん、朱野さんブースの売り子のヒオカさん、朱野さん

ちなみに今回の技術書典では「完全手ぶらセット」という、設営に必要なもの一式が入っているセットが無料で配られていました。

その中に入っていたプロフ帳をちゃんと活用する朱野さん。

会場内をあちこち行ったり来たりしていたので、自分のサークルブースに立てる時間は短めだったんですが、新刊や既刊をお求めくださったみなさん、ありがとうございました。

941さんは「10冊ください!」と来て、アプリの仕様で1冊ずつしか買えないので10回ぽちぽちしてくれました。

10冊買って帰るのもだいぶすごいんですが、数日後に「配りまくってもうなくなりそう」とさらに20冊買ってくれました。なんなんだ。ありがたすぎるだろ。

さらに会場内にはPRESSの名札を付けた人たちがいて、取材なども受けました。

これは朱野さんが撮っておいてくださった取材の様子。

そんなこんなで17時をもって無事閉幕!

売り子さんズと一緒にもりもりご飯を食べた後、優しすぎて非実在旦那様を疑われる夫が迎えに来てくれたので車でびゅーんと帰宅。

その頃、こちらのポストがきっかけでXでは……

おうちに帰って「はー、たのしかったなー!寝るかー!」と思ったら、「テクニカルライティング」がトレンド入りしててベッドの上で思わず5度見。

テクニカルライティングが……テクニカルライティングがそんなに衆目を集める日が来るなんて……!

技術書典はオフライン会場と同時にオンラインマーケットでも開催しているので、Xを見て気になった方がオンラインで一気に購入されたようで、開催3日目にして頒布部数が1,000冊を超えました。

そこからさらに伸びて、現時点(6月6日)で1,800冊を超えております。う、うれしいー!

みなさんの感想、うれしいのでTogetterにまとめて読み返してます。ありがとうございます!

togetter.com

技術書典16オンラインマーケットは、2024年6月9日(日) までです!紙の本は送料無料で、かつ電子書籍(PDF)も無料でついてくるのでぜひー!

techbookfest.org

#技術書典 16で「#読み手につたわる文章 - テクニカルライティング」という新刊を出します

技術書典16で「読み手につたわる文章 - テクニカルライティング」という新刊を出します!

techbookfest.org

「読み手につたわる文章 - テクニカルライティング」ってどんな本なの?

テクニカルライターである筆者が、テクニカルライティング技術の中でも普段から特に気をつけていることを紹介した本です。「文章の書き方」を解説した書籍でよく見かける文法的な話だけではなく、実際に書いていて悩みがちな部分にスポットを当てて、できるだけ実践的な内容を紹介しています。

私たちは、毎日のようにテキストで誰かに何かを説明したり、説明してもらったりしています。

  • Slackで他部署の人に仕様の疑問点をつたえて質問する
  • 業務でつまづいている部分を日報に書いて上司に報告する
  • ローカルで開発環境を作る手順を社内Wikiに書いておく
  • 全社イベントの日時と参加方法をメールで知らせる
  • 家族にLINEで今週末の旅行スケジュールを送る
  • 子供に買うものリストを見せておつかいを頼む

こんなふうに日常生活の中で何かをつたえる「手段」としての文章は、詩や小説といった文学作品の文章とは区別して実用文と呼ばれています。実用的な文章なので実用文ですね。

そしてこの実用文を書くときに、つたえたかったことを分かりやすく書くための技術としてテクニカルライティングというものがあり、そのテクニカルライティングを専門とするテクニカルライターという職業もあります。

この本では、そもそもテクニカルライティングってなに?実用文ってなに?というところからはじまり、「文章を書くこと」と「テクニカルライティング」には、いったいどんな違いがあるのかも説明しています。

本の目次

この本はいつどこで買えるの?

技術書典16 というイベントで買えます。技術書典はオンラインマーケットとオフライン会場で同時に開催するので、紙の本がネットでも現地でも買えます。紙の本を買うと、電子版も付いてきます。

オフライン会場では「せ12」という、最奥の端っこにいます。

オンラインマーケットで買った紙の本は、会期終了後にまとめておうちに届くので、「紙の本がいますぐ欲しい!」という方は5月26日(日) のオフライン会場にお越しください。その場で紙の本を買って持ち帰れます。

オフライン会場に入るには、無料の入場券が必要なので、必ず事前に取得してお越しください!当日でも枠が残っていれば取得できるので、もし急に行く気になったら電車の中でスマホからシュッと入場券取って会場に来てください。

テクニカルライティングの本が書けた!

いつかは書きたいと思っていたテクニカルライティングの本が書けてよかった!逃げ場のないテーマだったので、正直書いてる最中は過去一くらいに苦しかったです。

会場には既刊もいくつか持ち込む予定です。新刊と一緒に、気になる本があったらぜひお手にとってご覧ください。

techbookfest.org

techbookfest.org

2拠点目として温泉の出る激安マンションを買った話

窓の外で鳥の鳴く声がする。時折、遠くで貨物列車の走る音が聞こえる。海沿いを散歩して、その帰りに魚屋で買ってきた海鮮丼を食べる。お腹がいっぱいになったら部屋で温泉をためて入る。とろりとした疲れを感じながら少し昼寝をして、目が覚めたらぼーっと海と山を眺める。

標高が高いので、風呂上がりにガラス戸を開けるとひんやりとした山の風が吹き抜けていってとても気持ちがいい。虫もいないのでそのまま開けっぱなしでも問題ない。最高か。

実はちょっと前に面白い買い物をしたのです。バブル期に人気のあったエリアで、ヴィンテージのリゾートマンションを1部屋買ってみました。いま東京で家を買おうとすると、平気で2LDKが7千万とか、3LDKが1億超えとかするらしいけど、なんと私が買った部屋は90平米で400万円ぽっきり。だだっ広くて部屋で温泉が出る。別にいま住んでいる東京の家を手放すつもりはなくて、個人的な仕事をするための2拠点目として面白いのでえいやっと購入しました。

ゴールデンウィーク明けからリフォームをして、第2のおうちオフィスとして快適な拠点に育てていく予定なので、とりあえずぶっ壊す前の部屋で1日だけゆるゆると過ごしてみたけど、これがめちゃくちゃよい。

海を見ながらさわやかな風を浴びて「買ってよかった-!」としみじみしている。

人気のなくなった激安リゾートマンションって、住人が少ないから管理費が足りなくてメンテナンスができずに云々とか、実は災害のリスクが高い場所で云々とか、安いだけに何かしらの落とし穴があることをきっと心配いただいたかと思うのですが、なんと先に高殿円さんが全国各地に赴いてありとあらゆる実地調査をして地雷という地雷をすべて踏み抜き、最終的に「ここだ!」と決めたマンションを見せてもらって、「わー、確かに!ここいいですね!」となって購入したのでその辺りはご安心ください。

他店が入念な立地マーケティング調査をし、万難を排して出店した店舗の隣に店を出す、みたいなことをしました。やっほい。ちなみに高殿さんによる知の高速道路はここで買えます。

※この文章はそんな温泉マンションでポメラのキーボードをたたいて書きました。ポメラめっちゃいいな。

ついにポメラを買ってポメラニアンになった

ポメラを買った!ポメラを買ったぞ!長らく気になってはいたものの、折角なら限定色のWHITEかCristalが欲しかった(だがどちらももうとうに完売していて手に入らない)という気持ちもあり、なんとなく買うに至っていなかったポメラを!ついに!買ったぞ!!

なぜこのタイミングで買ったかというと、2024年5月に開催される技術書典16で出す新刊(テクニカルライティング本)の原稿があまりに進まなくてつらかったからです。新しい文房具買うとわくわくしてしばらく真面目に日記書いたりするじゃないですか。あの感覚でポメラ買ったらもうちょっとするするっと書けたりしないだろうか、と思って買いました。

私の初ポメラはDM250という最新機種のダークグレー。最新機種と言っても2022年7月に出たものなので、発売からすでに2年弱が経過しており、値段も結構下がっていた。ヨドバシでポイントが13%付いて、実質39,000円。発売当初の定価だと税込み6万円超えだったので、その値段はちょっと考えちゃうけど、3万円台ならえいやっと買えた。

購入してすぐにいろいろセットアップ。キーボードの割り当てを好みのものに変えて、SDカード(別売り)を差し込んでフォーマット。新規ファイル作成時のデフォルト保存先をSDカードにして、ファイルの命名規則も日付ベースのものにした。

パソコンでVS Codeを開いて書いているときの方が調べ物をしたり、過去書いたものを参照してコピペしてきたりという作業は確かにやりやすいんだけど、正直気づいたらTwitter(X)を開いているし、Slack見ちゃうし、気が散って全然書き進められない。

ブログもしばらく書いていなかったし、日々のランニングをサボっていた結果、長距離を走るやり方も忘れ気味という感じなので、しばらくポメラで「他人のあれこれを気にせず、書くことだけに集中する」をやってみようかなと思う。ただ手元にスマホがあると結局そっちを見ちゃうので、ポメラで書くときはスマホを遠くに置かないとだめそう。

ポメラは「現時点の文字数」が常時出ているのもよい。自分がどれくらい書いたか、数字が目に見えて増えていくので楽しい。

スマホアプリと接続するときは、わざわざポメラ側でWi-Fiを立ててそこにスマホをつないだり、ポメラ側でQRコードを表示させてスマホアプリのカメラで読み込む必要があるので若干面倒だけど……あとQRコードを読み込んだとき、「1/2」みたいなのが出るだけで画面をタップしても何も起きないし、一向に保存もされないからなんだよー!と思ったら、どうやらデータ量が多いのでQRコードが複数個あり、ポメラ側で「→」を押してQRコードを切り替え、立て続けに読み込ませることでファイルが保存されるらしい。QRコードにはこういう「続きがあるよ」っていうのを示す規格があるのか、面白いね。

※この文章はすべてポメラで書きました

「次世代 Web カンファレンス 2023」のTechnical Writing セッションで登壇してきました

次世代 Web カンファレンス 2023」のTechnical Writingセッションで登壇してきました。

次世代 Web カンファレンス 2023ってなに?

12のテーマに沿ってそれぞれ選ばれた4人が、そのテーマについて今どうなっていて、これからどうなっていくのかを90分間ひたすら議論するカンファレンス。

nextwebconf.connpass.com

2023年は以下12のテーマでセッションが行われました。

Performance、CSS、Web3、Testing、A11y、Passkey、Design Technology、Privacy、Tooling、Frontend Architecture、Edge Computing、Technical Writing

議論するってどういうこと?

次世代 Web カンファレンスでは、登壇者側は「聞き手のレベルを意識せず、話したいレベルで話してください」と言われています。実際、自分の担当するセッションが始まる前に、他のセッションを見に行ってみたら何を求められているのかよく分かりました。

なるほど!聞き手に合わせてブレーキをかけずに、登壇者同士で遠慮なくアクセルをべた踏みして議論すればいいんだな!

ただテクニカルライターは普段、「相手の理解度を見ながら分かりやすく説明する」ことを生業としている人たちなので、この「聞き手を意識しない」「分かりやすく話そうとしない」がむしろ難しいんですよね。逆の意味でうまくできるかどきどきしていました。

Technical Writingのセッションを終えて

当日のセッションについては、Togetterを見ると雰囲気が味わえると思います。

togetter.com

今回、議論をするメンバーはテクニカルライター、UXライターの中でも「開発者向けのドキュメントを書いている/エンドユーザー向けのマニュアルを書いている」「日本語で書いている/多言語で書いている」「エンジニア出身/ライター出身」「印刷も経験している/Webのみを経験している」など、属性ができるだけばらけることを意識してお声がけしました。

90分のセッションと、終わった後の30分の延長戦、どちらも各々の経験に基づく考えを存分にぶつけあって、いい議論になったかなと思います。後日、動画も公開されるようです。

こちらは最前列ど真ん中で自作のうちわを振るトップヲタです。

カンファレンスでTechnical Writingがテーマになるということ

次世代 Web カンファレンスは、おおよそ4年に1回のペースで開催されています。

Technical Writingがテーマになったのは今回(2023年)が初めてでした。

もともと私は2021年3月からTechnical Writing Meetup というイベントを継続して開催しているのですが、それが「ライティングの話を誰に頼もうかな…」と思っていたJxckさんの目に留まって今回お声がけいただいたようです。

www.youtube.com

わーい、月1ペースの開催は正直しんどいときもあったけど「テクニカルライティングの認知が高まって、みんなの役に立つといいなぁ」と思いながら続けていてよかったー!

今回のようにテクニカルライターやUXライターが集まって議論するセッションもまたやれたらと思っていますので、興味のある方はぜひご参加ください。

tw-meetup.connpass.com

初参加してみた感想

次世代 Web カンファレンスへの参加は今回が初めてでしたが、A11yやDesign Technologyといった別ジャンルのセッションでも「あー、分かる」「これ、私のやってることに関係あるな」という話がちょこちょこあって、1日で色んなジャンルの濃い話をたくさんつまみ食いできるのすごくいいな!となりました。

主催や運営のみなさま、ありがとうございました。とっても楽しかったです!

新卒でいきなり開発者向けのドキュメントを書くテクニカルライターになれますか?

これは「mhidakaが建立した Advent Calendar 2023」の9日目の記事です。

まじでゆるふわでいい、ということなので、雑で特に結論もない話を書きます。わいわい。

---

tech.smarthr.jp

先日、この「教えて先輩! DevRelの立ち上げ方(前編)活動の成果と計測、体制、予算 - SmartHR Tech Blog」という記事を読んでいて「めっちゃわかるー」となったところがあった。以下、引用。

941:そうですね。うちに大学生のアルバイトの子が一人いたんですけど、卒業するから新卒でDevRelに入りたいって言ってきて。いや、ファーストキャリアは絶対にここじゃないよって(笑)。

玉田:ああー、わかる。

941:新卒カードは絶対違うとこで使ったほうがよいです。なので、セカンドキャリアっていうか、他に何かやってから……。

杉田:ですね。ベースで何か自分の強みが一つあって、それプラスアルファのDevRelかなという気がします。

これ、テクニカルライターにもよく似てるなーと思ったのです。

以下は、私がときどき大学にお呼ばれして、自分のキャリアについて話すときの発表原稿から抜粋したもの。

これってドラクエの転職システムに似ているなーと思っていて、テクニカルライターって決して最初から目指す職業じゃなかったりするんですね。

レベル1の戦士になって、レベル50まで行って、転職してまたレベル1から魔法使いをやって、またレベル50まで行って、その2つを経てようやく上級職の魔法戦士に転職できたりする。

大学卒業した直後、いちばん最初から魔法戦士、つまりテクニカルライターを目指したらなれていたかっていうと、恐らくそういうじゃないな、という。

私はプログラマーをやってたときも、広報をやってたときも、インフラエンジニアをやっていたときも、別にテクニカルライターを目指して踏み台としてそこをやってた訳じゃないんだけど、その辺で育ててきたスキルがうまい具合に噛み合って、ゆくゆくいい感じの職業に辿り着くことがあるよ、という。

最初から「なりたいもの」がはっきりしていなくても、置かれた場所で精一杯がんばっていると、それがスキルになって、後々の選択肢を広げることがあるよ、という話ですね。

一度も料理したことないし、なんなら「台所」という概念も知らない人間に、分かりやすいレシピが書けるかというとやっぱりかなり難しいので、エンジニアリングもライティングもどちらも経験せずにいきなり初手で目指すようなポジションではない気がしている。

ちなみに私がここで言っている「テクニカルライター」は、こういうお仕事のことを指しているけど、エンドユーザー向けに電化製品のマニュアル(取扱説明書)を書くタイプのテクニカルライターであれば、マニュアル制作会社で新卒採用はしているし、そこからIT系のテクニカルライターやUXライターにジョブチェンジしてきました、という話もよく聞く。

参考:テクニカルライター - 職業詳細 | job tag(職業情報提供サイト(日本版O-NET))

せっかくサイボウズSmartHRソラコムヌーラボなどIT系の各社でテクニカルライター採用枠もまた増えてきたし、「こういうルートを進むとIT系のテクニカルライターになれる」という舗装された道が整備されて人口が増えていくといいんだけど、まだなんか再現性がない「いろいろあって、気付いたらここにいました」みたいな獣道パターンが多いなと思っている。

#技術書典 15で「#届ける工夫 ~欲しい誰かに見つけてもらえる60の方法~」という新刊を出します

技術書典15で「届ける工夫 ~欲しい誰かに見つけてもらえる60の方法~」という新刊を出します!

techbookfest.org

「届ける工夫」ってどんな本なの?

もしあなたが「もっとたくさんの人に手に取ってもらって、○○の良さを知って欲しい」と思っているなら、たとえばこんなことをするといいですよ、という工夫を紹介する本です。

この本には、欲しい人に存在を知ってもらい、手に取ってもらうための実践的な工夫が詰め込まれています。「せっかく書いた良い技術書が、存在自体を知ってもらえていないせいで売れていない。この本を必要としてる人はたくさん居るはずなのになんで届かないんだ……」という悔しい思いをしたことがある著者の方にとって、きっと役に立つヒントが得られるはずです。

それぞれの工夫は、どれも私が技術書典で本を出すとき、実際にやっていることが元になっています。題材は技術書典ですが、それぞれの工夫は汎用的なものなので、たとえば同人誌即売会で自作の小説を売っている人や、ハンドメイドのアクセサリーをマルシェで売っている人など、自分の作ったものを自分で販売している人にはきっと共通して参考になる内容だと信じています。

本の目次

この本はいつどこで買えるの?

技術書典15というイベントで買えます。技術書典はオンラインマーケットとオフライン会場で同時に開催するので、紙の本がネットでも現地でも買えます。紙の本を買うと、電子版も付いてきます。

オフライン会場では「い02」という、入口からほど近い場所にいます。

オンラインマーケットで買った紙の本は、会期終了後にまとめておうちに届くので、「紙の本がいますぐ欲しい!」という方は11月12日(日) のオフライン会場にお越しください。その場で紙の本を買って持ち帰れます。

オフライン会場に入るには、無料の入場券が必要なので、必ず事前に取得してお越しください!当日でも枠が残っていれば取得できるので、もし急に行く気になったら電車の中でスマホからシュッと入場券取って会場に来てください。

記念すべき10冊目!

2018年に技術書典4で「DNSをはじめよう」を出して以来、さまざまな技術書を書いてきました。今回の「届ける工夫 ~欲しい誰かに見つけてもらえる60の方法~」は、記念すべき10冊目の本です!

会場には既刊もいくつか持ち込む予定です。新刊と一緒に、気になる本があったらぜひお手にとってご覧ください。

techbookfest.org

techbookfest.org